AtCoder Regular Contest 054

C - 鯛焼き


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 262.144MB

問題文

高橋君の家にはタイヤが N 個と木が N 本あります。高橋君は、これらを一つずつ組み合わせて鯛焼きを N 個作ることにしました。

タイヤと木の組には相性があり、相性のいいタイヤと木の組み合わせでのみおいしい鯛焼きを作ることができます。 高橋君はおいしい鯛焼きしか食べないので、作る N 個の鯛焼きすべてが、相性のいいタイヤと木の組み合わせでできている必要があります。

高橋君はこの条件を満たすように鯛焼きを作る方法が何通りあるのかが気になりましたが、これはとても数えられそうにないことに気付きました。

そこで高橋君は、その方法の数の偶奇だけを求めることにしました。

高橋君は、すべてのタイヤと木のペアについて、そのペアの相性がいいかどうかを表あらわす表 (S_{ij}) を持っています。この表は NN 列からなり、ij 列の要素が 1 のとき i 番目のタイヤと j 番目の木の相性がいいことを、 0 のとき悪いことを表します。 高橋君に代わって、すべての鯛焼きをおいしくするような組み合わせ方の数の偶奇を求めてください。 ただし、 2 つの組み合わせ方が異なるとは、あるタイヤが存在し、そのタイヤが別の木と組み合わせられて鯛焼きが作られていることを指します。


制約

  • 1 ≦ N ≦ 200
  • S_{ij}=0 もしくは S_{ij}=1 (1 ≦ i,j ≦ N)

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

N
S_{11}S_{12}..S_{1N}
:
S_{N1}S_{N2}..S_{NN}

出力

すべての鯛焼きをおいしくするような組み合わせの個数が偶数なら "Even" 、奇数なら "Odd" を出力せよ。

出力の最後には改行を忘れないこと。


入力例1

3
110
101
011

出力例1

Even

2 通りの組み合わせ方があります。


入力例2

3
110
111
011

出力例2

Odd

3 通りの組み合わせ方があります。


入力例3

2
00
00

出力例3

Even

0 通りの組み合わせ方があります。


入力例4

12
000000100000
011111111111
000000100000
000111111100
100100000100
100111111100
100100000100
100111111100
100100000100
100111111100
100000000000
111111111111

出力例4

Even

Submit提出する